世の中には勝ち組と負け組と言う人々がいます。
これに関しては特に気にする必要はありませんが、言葉としてはなかなか秀逸ではないかと考えられます。
オンラインカジノの世界でも、同様に負け組と勝ち組がおり、9割は負け組と言われています。
これはオンラインカジノが難しいと言うよりも、大抵このようなギャンブルに関しては9割の人が負けるのが相場です。
堂下と言われる人が儲かるため、そのような仕組みになっていると考えて良いでしょう。

オンラインカジノがもたらすポジティブな影響

「還元率が95%位」の真相

よく、還元率が95%位なので、半分ぐらいの人は勝てるのではないかと考える人もいます。
これは、株式相場やFXでも同様のことを考える人がいます。
例えばFXならば、上がるか下がるしかしかないのだから、50%の確率で勝てるはずだそして経験を積めばそれが60%になり70%になり、かなり高い確率で自分がお金を手にすることができると考えがちです。
しかし、不思議なことに上に上がるか下に下がるかの2種類しかないにもかかわらず、ほとんどの人が負け続けます。
データに居れば、株式投資はFXを行う人の中で9割は負け続けていると言われているわけです。
なぜこのようなことが起こり得ること言えば、人間の心理がそのようにしているからと言えるでしょう。

初心者が負けやすいような仕組みが採用されている

つまり側が操作されており、その人が負けやすいつまり初心者が負けやすいような仕組みが採用されています。
例えば、上に上がったところで購入する人もいますが、その瞬間下がっていくわけです。
株式投資などでも同様のことが言えるかもしれません。
さらに、オンラインカジノであっても、いくら還元率が95%でもほとんどの場合は負け続けるのはやはり、心理的な問題といえます。
これを解決するためには、とにかく何度もプレイをして自分の負け結果を研究するしか入りません。
人間にはそれぞれ、負けパターンと勝ちパターンと呼ばれるものがあるわけです。
そして厄介なことに、歩行パターンを見つけるためには負けパターンを探らなければいけません。
いかに勝ちパターンと呼ばれるものがあるのではなく、負けパターンを自分で追求しそれが確立されそれを避けることでようやく勝ちパターンにつながります。
そのため最初は負けから入り、次第に買っていくわけです。

2,000,000人と言われている人たちが参加しているオンラインカジノ

残念ながら多くの人は、勝ち続ける前に負けの段階で止めてしまうため大きな損失を被った状態で止めて行胴元が儲かります。
厄介なことに、そのお金は日本から出て行き海外の会社に入るため、日本国内の地域の問題にもちょっとするかもしれません。
2,000,000人と言われている人たちが参加しているオンラインカジノにおいて、初期の頃のように規模が小さいわけではないため、国会でも真剣に話し合われている部分です。
ただ負けて海外にお金が流れた場合でも、取り返せば良いだけですので、この取り返し方を理解しておかなければいけません。
具体的な取り返し方と言うよりも、これは何にでも共通するものですが、とにかく負け続けた場合少しのお金を動かすのに留めておきましょう。
最初は絶対に負け続けることがわかっているならば、わざわざ大きなお金を投入しないことです。
できるだけ最小限のお金で負けて、負けた結果をまとめ3つぐらいにまとまったらそれを実践しないことに集中しましょう。
負けパターンを実践しないことにより、裏を返せばそれは勝ちパターンを学んでいるのと同じことです。

まとめ

ではどれぐらい経過したら勝つことができるか問題になりますが、これははっきりと判りません。
人によって結果を出す器官が違うからです。
中には半年と言う人もいますがあまりそれは考えにくく1部の天才かもしれません。
大抵の場合は1年から3年ぐらいかかると考えて良いでしょう。